六白金星の2017年の結婚運は停滞気味…。今年は無難に乗り切ろう

 » 
 » 
六白金星

2017年の六白金星の結婚運

あまり良くない結婚運になりそうな六白金星の2017年。
夜中の11時から午前1時の間の時間帯に当たる坎宮に入っています。
暗い夜中に、光のない真っ暗闇の中、水や穴の意味も持ち合わせています。
暗くて周囲が見えなかったり、秘密に満ちている匂いがするイメージがあります。
新しい出会いはあったとしても、周囲の人に秘密にしないといけないような、不倫関係や浮気などの禁断の恋になりやすいです。
相手を慎重に見極めることが大切です。
今年八白金星は、精神的に落ち込みやすく、さみしいと感じやすいです。
そのため相手がだれでもいいと思ってしまいます。
ですが誰でもいいは厳禁ですよ。
凶方位は、北(暗剣殺)、東(歳破)、南(五黄殺)、南東、西、北東。
吉方位は、南西、北西です。
2018年からは3年間運気が上がり続けるので、今年は無難に乗り越えると良いでしょう。

結婚運が良い時期と、悪い時期

結婚運が良い時期は、2月・5月・6月です。
良い時期には南西をメインに行動すると良いです。
悪い時期は、8月・9月・10月・11月です。
悪い時期にはできるだけ、最大吉方位のお出かけをするようにし、運気が下がらないように調整をするとよさそうです。

パートナーがいる人の結婚運

パートナーがいる人の場合は、2016年のうちに結納が決まっていたり、結婚の話が進んでいて結婚が決まっている場合には、そのまま結婚の話を進めても良いです。
ただし、2017年から結婚へ向けて進むのはあまり良くありません。
なぜならば今年は、相手の気持ちに流されやすくなっているので、自分の素直な気持ちが隠れてしまいます。
惰性結婚や押し切られての結婚になってしまいます。
お見合いをして両親からの進められたりもしそうです。
また相手の両親からせかされたり、自分の意思がない状態での結婚は危険ですよ。
相手に振り回されてしまう結婚生活になってしまいます。
本当にこれで良いのか、自分で決断を下すべきです。

シングルの人の結婚運

シングルの人の場合は、新しい出会いには恵まれている一年となりそうです。
ただその出会いの中でも、妻子がいる人や彼女がいる人、学校の先生など、好きになってはいけないような関係の人に惹かれてしまい、そんな相手と交際に至ってしまう可能性があります。
気持ちが落ち込みやすい事から、温まりを求めるでしょう。
ですが、そのような相手に温まりを求めてはいけません。
人を選ばないような、軽はずみな行動は今後の運気を左右しますよ。
自分を大切に過ごすことが来年以降運気アップのポイントになるでしょう。
幸せを呼ぶ方法

幸せを呼ぶ方法

プロ占い師による幸せカウンセリング!人が本来持っている光輝く波動。その魅力的な光を解放し、幸せを呼び込む体質作りをお手伝いしてくれるサイトです。初めての方に限り、初回無料鑑定実施中!

行列占い師の恋愛相談所

行列占い師の恋愛相談所

あの人の本心がわからない!早く結婚したい!そんな願いを叶える占いサイトです。あなたの中に眠っている恋愛力を呼び覚まし、本当の幸せを手に入れましょう!