指輪とビー玉とハンコを使った結婚運を上げるおまじない

 » 
 » 
指輪

具体的なおまじないの方法

長く付き合ってきた彼とそろそろ結婚をしたい!そう思っているあなたに、ピッタリなおまじないを紹介します。
まずおまじないをするために必要なものが3つあります。
1つ目は『指輪』、2つ目は『ビー玉』、3つ目は『ハンコ』です。
この3つをそろえましょう。
指輪はペアリングかもらったものがあればそれを使いましょう。
もしなければピンキーリングを用意してください。
ビー玉はいくつか用意しておきましょう。
ハンコは彼の苗字のものを用意してください。
準備ができたらおまじないをしましょう。
満月の日から1か月間の日にちが必要です。
満月の日にビー玉を透明な入れ物に敷くように入れ、月の光が入る場所か枕元に置きます。
ビー玉の準備が終わったら、指輪をはずし、ハンコに指輪を通してビー玉の上においてください(新しい指輪の場合でも同じです)。
置けたら毎晩『マリー』と3回唱えましょう。
唱え終わったらそのままにして眠ってください。
翌朝『指輪』だけを取り出し、指に着けてください(指につけられない場合は袋に入れて持ち歩いてください)。
これを次の満月まで続けます。

このおまじないの意味・効果

このおまじないは、冒頭でもお伝えした通り『長く付き合ってきた彼との結婚を進展させる』おまじないです。
このおまじないを、毎日欠かさず行うことによって、彼との関係に少しずつ変化がおきてきます。
一日一日少しずつの変化なので、あなた自身はあまり変化に気が付かないかもしれません。
ですが、彼の気持ちは少しずつ結婚へと傾いていきます。上手くいけば、おまじないが終了する日に、うれしい言葉を聞くことができるかもしれません。

このおまじないの注意点

『長く付き合ってきた彼との結婚を進展させる』おまじないなので、付き合って半年など1年未満の人が、このおまじないをしても効果を得ることができませんのでご注意ください。
なので1年以上たってからこのおまじないをするようにしてください。
1年以上たっていてこのおまじないをされる方は、おまじないのやり方、手順を間違えないようにしましょう。
満月の日を逃してしまったからと、違う日にしてしまったり、一日やるのを忘れてしまったりすると、せっかくのおまじないの効果がなくなってしまいます。
もしやり忘れてしまったのなら、また次の満月を待ち、やり直してください。
丁寧にやり方を守ることで、おまじないは効果を発揮してくれます。
結婚運をあげるためにも頑張りましょう。
幸せを呼ぶ方法

幸せを呼ぶ方法

プロ占い師による幸せカウンセリング!人が本来持っている光輝く波動。その魅力的な光を解放し、幸せを呼び込む体質作りをお手伝いしてくれるサイトです。初めての方に限り、初回無料鑑定実施中!

行列占い師の恋愛相談所

行列占い師の恋愛相談所

あの人の本心がわからない!早く結婚したい!そんな願いを叶える占いサイトです。あなたの中に眠っている恋愛力を呼び覚まし、本当の幸せを手に入れましょう!